必要な時にお金がない

お金01お金で全てが解決できるわけではありません。

しかし本当に生活に必要なお金がない時については、全くないのでは困ってしまいます。

食事も、睡眠も取れないようでは生きていけません。人はそのために労働をしてお金を稼ぎます。

仕事を選ばなければ必ずできる仕事はあります。生きるのに必要な分は最低でも自分で稼がなくてはいけません。

生活保護を受けるのは、努力をしつくしても、もうどうにもならない時だけです。

しかし、生活に必要ではないもののためにお金を使い、お金がなくなってしまったのでは元も子もありません。

まずはお金の使い方を改めるべきです。お金を使うことが幸せだ思い込んでいる人が多いですが、そうではありません。

お金にばかり執着し、お金を増やすことだけを考えたり、使うことに快楽を感じて使ってばかりいたり、

贅沢が幸せだと思い込んでいては、いつまでたっても生活に必要なお金をとって置くことができません。

お金は人が使うものなのに、お金に自分の人生を左右され、お金に誘惑され、お金で幸せの価値を決めてしまっては、

お金に逆に使われてしまっていることになります。贅沢や快楽を覚えると、その刺激にやみつきになり、

どんどん求めてしまうのは人間なら誰でも起こることです。

しかしその刺激は本当に自分を幸せにしているでしょうか。

小さな見栄やプライドを人に見せびらかすためのつまらないもののためにお金を使ってはいないでしょうか。

そんな自分の無駄に気づき、反省できるなら、もう二度と繰り返さないと心に誓って、

お金がない時についてはとりあえずの急場を凌ぐために誰かにお金を借りたり、金融機関などに頼ることも仕方のないことです。

お金に使われてしまう怖さを味わったら、もう二度と同じことを繰り返さないことです。

お金がない時については、今までの自分の行動や心を振り返るよいチャンスです。

自分の身の丈にあった使い方で、生活や人のために大切にお金を使うことを覚えていきましょう。