家計のやりくり

殆どのお宅では、お金がない時には、何とか家計を遣り繰りしながら、お金の不足を補うのが、その家庭の主婦の腕の見せ所で有ろう。

私達の世代は、お金が無い事が当たり前で有ったので、我が家が、よそ様の家よりも貧乏で有った訳では無いが、

お金の大事さは体験として知っている。だからこそ、お金がない時には、無いなりに過ごす事も出来るのだ。

だが、私達の時代は物の無い時代で有ったので、お金そのものを使う事が無かったのも幸いしていたと思う。

現代は顧客に買わせようと、あの手この手で、人の目を引く勧誘が増えて来て居るので、欲しい買い物の誘惑に耐えるのも大変で有る。

だが、賢く一家を切り盛りしている主婦ともなれば、欲しいもののリストが幾つ有ろうとも、やはり家計の中で遣り繰り出来ない場合は、

我慢する事が当然で有る。それだからこそ本当に欲しい物を手に入れる為には、計画を立てて、そのお金を捻出するので有る。

この家計を遣り繰りする能力が有れば、小さなお金の大切さをも身に沁みて知っているので、家計を預かる一家の主婦にとっては、

大きなお金を扱うのにも、小さなお金を扱うのと同様に、大切に扱う事で有ろう。一家の主婦は、その家の経済を握って居るので、

自分の遣り繰りによって、蓄財する事も出来れば、散財してしまう事も出来る。

だが、これからの時代は、不況も長引く状況に有るので、お金がない時には無い時なりに、何とか生きて行く事が出来る術を持った、

者のみが生き残れるのかも知れない。

Comments are closed.